伊予の田舎風景

四国愛媛在住につき、その周辺の風景を綴っていこうと思っています。

秋の色といえば、銀杏の黄色と紅葉の赤ということで、まずは銀杏。
20191130_1
20191130_2
20191130_3
お寺や神社には大きな銀杏の木があることが多い、なぜか知っていますか?。
20191130_5
船着き場は、昔の拠点。

20191130_7
20191130_6
紅葉も神社お寺に映えます。(^_-)-☆

紅葉の時期になり、鞍瀬川を登ってみる。近くに居ても秋に赴いたことがない。また来年も訪れるだろう。いい木を見つけた。

20191123_3
20191123_4
20191123_6
20191123_7
20191123_12b
20191123_14
20191123_15
20191129_2
20191129_3
20191129_6
20191129_10
20191129_16s
山が白くなっている。

通りすがりの風景
20191102_26
帰り道の下り電車。日中の普通列車のお客さんはまばら以下。夕焼け空とススキがこの時間を印象的にしている。?。列車が急ぎ走りをしているように感じた。次の駅は無人駅。時が過ぎれば使いみちのない風景。(^_-)-☆

↑このページのトップヘ