伊予の田舎風景

四国愛媛在住につき、その周辺の風景を綴っていこうと思っています。

東洋のマチュピチュといわれる東平の紫陽花、山間部に位置するためか、7月に入ってからが見ごろになるようだ。

20190706-29
20190706-28
20190706-27
20190706-26
20190706-25
20190706-24
霧に覆われた谷間は雰囲気いい。

気象庁によると、まだ梅雨には入っていない。
空は、梅雨ぽいが。そういえば、雨はぽつぽつ。
「あじさいロード」から

20190608-11
20190608-5
20190608-4
20190608-12
20190608-7
満開はこれからみたい。

平成最後の春は、桜色に染まっている。
近場の桜を巡る。人は何故、桜に心を惹かれるのか。
植物には、意思があり自己存続のためにあらゆる戦略を施す。
そんな本を思い出す。動物を操るのだ。
桜も人を操っているのか。

20190330-1
20190330-8
20190330-11
20190331-1
20190331-3
20190331-4
20190331-5
20190331-6
20190331-8
20190331-17
20190331-21
201900407-2
201900407-3
201900407-7
201900407-10
201900407-16
201900407-17
201900407-19
令和の「桜」が楽しみです。

↑このページのトップヘ